クロノス

クロノスとは

TOP女神・神・天使クロノス

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 クロノス

クロノスとは、サトゥルヌスとも呼ばれ、ティタン(巨人族)の統治者(農耕の神) 、天空の神のことです。

クロノスはギリシア神話の大地の女神ガイアと天空の神ウラノスの間に産まれたティターン族の1人です。
ローマ神話ではサトゥルヌスともいわれています。

ウラノスは、ガイアとの間に産まれたキュクロプス、ヘカトンケイルを大地の奥底に押し込めます。
このことに怒ったガイアに命じられ、クロノスはウラノスの生殖器を切り落としました。

こうしてウラノスから神々の王位を奪ったクロノスでしたが、ウラノスにより『自らの子供によって王位を奪われるだろう』と予言されます。
これを恐れたクロノスは、妻であるレアとの間に産まれた子達を次々に飲み込んでしまいました。
しかし、最後に産まれたゼウスだけはレアにより助けられ、密かにクレタ島で育てられました。
成長したゼウスはレアの薬によりクロノスから兄弟達を吐き出させました。

そのような神話も残っています。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.