アフロディテ(アフロディーテ)

アフロディテ(アフロディーテ)とは

TOP女神・神・天使アフロディテ(アフロディーテ)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 アフロディテ(アフロディーテ)

アフロディーテとは、愛と美の化身、古代ギリシャの金星の女神です。
「アフロディーテ」は、「泡から生まれたもの」という意味で、ウラヌス(天空の神)が海の子宮に宿らせたという誕生の神話があります。
Aphrodite、ウェヌス、Venus ビーナスとも言われ、愛と美と豊饒を司る女神です。

アフロディテがキプロス島を歩くと、彼女の足元から草花が咲き始めたともいわれます。
アフロディテは恋いの神エロス(英名キューピッド)を従えて、オリンポスの神々の仲間入りを果たします。

その後、最も不細工で足の不自由な鍛冶の神ヘパイストスと結婚するのでうが、それからも彼女は、夫以外の多くの神と関係を持ち続けました。

ここからアフロディテは、性愛、美、情熱の女神といわれています。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.