フィンドホーン(スコットランド)

フィンドホーン(スコットランド)とは

TOPエネルギースポットフィンドホーン(スコットランド)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 フィンドホーン(スコットランド)

フィンドホーンとは、スコットランドの北の端にある、北極圏に近い場所にあるスピリチュアルな共同コミュニティの場所です。
1962年にアイリーン&ピーター・キャディ夫妻と3人の子どもたち、そして友人のドロシー・マクリーンが、フィンドホーン湾に面した荒地にトレーラーハウスを置いて住み始めたのが最初です。
当初、生活のためにその荒地を開墾し野菜を作り始めました。その地は冷たい風が吹き荒れる砂丘が広がり、とても農作物を作れるはずのない場所でした。
が、アイリーンが神からのガイダンスを受けとり、ドロシーが精霊と話をし、その教えてもらったことをピーターが実行しました。
すると、砂防や畑を作った結果、見事な野菜や果実やハーブが実るようになっていったのです。
そのことは世界中で話題になり、噂を聞いた地質学者が土壌を調査をしましたが、「まったく理由がわからない、そこには目に見えない愛のエネルギーが存在しているとしか言いようがない」という驚きの結果。

 それが世界に知れ渡り、フィンドホーンは愛のエネルギーが満ち溢れるパワースポットとして有名になったのです。
現在フィンドホーンは、バンガローやログハウス、ゲストハウス、コミュニティセンター、聖堂、ビジターズ・センターなどが立ち並び、小さな村になり、スピリチュアルなセミナーや教育プログラムも組まれ、世界中の人々が癒しと学びを得にやってくる地となっています。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.