13の月の暦

13の月の暦とは

TOPスピリチュアル用語13の月の暦

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 13の月の暦

13の月の暦とは、アメリカ人のホゼ&ロイディーン・アグエイアスによって1990年代始めに提唱されたマヤの時間の知恵をベースにしたカレンダーのことです。

現代の人々が人工的なグレゴリオ暦による時間から、自然の時間を取り戻し、自然の流れに沿って生きるためのツールとして創り出されました。

1年=365日を、グレゴリオ暦(現行の太陽暦)の7月26日からはじめます。

1ヵ月を28日とし、1年は13ヵ月(28日×13ヵ月=364日)で構成されます。
あまった1日は、現行の太陽暦の7月25日にあたり、この日を「銀河の自由の日」または「時間をはずした日」とよんでいます。

月や日ごとにある一定の周期がつくられていて、特定の意味を持っています。

現在までに世界90カ国以上に伝わり、世界中に「13の月の暦」ユーザーがいて、日本では94年「マヤンカレンダー」(VOICE刊)の出版をきっかけに、年々ユーザーが増えています。

この手帳を使うことにより、シンクロニシティをより感じることができるとも言われています。

☆彡わたしも以前使っていましたが、なかなか日常の日時とのズレを解消できなくて、いまはお休みしています。
お友達は、5年くらいしてやっと使いこなせるようになった、といっていました。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.