ローフード

ローフードとは

TOPスピリチュアル用語ローフード

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ローフード

ローフードとは、加熱せずに素材本来のビタミンやミネラル、酵素成分を丸ごと取りいれる、生の食品=Raw food 、「身体にやさしい食スタイル」のことをいいます。

ローフードを実践する人をローフーディストと呼びます。

野菜や果物を中心に、煮る、焼くという調理はせず、温める場合は46℃〜48℃以下を調理温度としています。
免疫力アップ、ダイエット効果、体脂肪現象などの利点がありますが、無月経や歯や骨がもろくなる場合もあるともいわれています。

☆彡わたしは、ちょっとだけローフーディストで、朝はフルーツのみ、サラダはもちろんのこと発芽玄米を生で食べたりしています^^☆彡

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.