チベット医学

チベット医学とは

TOPスピリチュアル用語チベット医学

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 チベット医学

チベット医学とは、チベット高原に生まれ長い歴史を持ち、動物の知恵を人間にも応用し、医学を発達させてきた独自の療法です。

現在の医学で治すことのできない難病にも独特の効果があり、体系は雄大で理論も完成されたものです。

チベット医学は自然の科学で、目的は人類のために貢献することであって、チベット民族だけのものではなく、国境や壁を越えた全人類の財産に属すとされています。

チベット医学の理論には「三つの要因」という説があり、その3つとは、人体の生理的機能を気・風、火、粘液という三大要素に要約しています。
この三つの要素の機能が人体の中でバランスが取れていれば、人間は健康な状態で、その逆の場合は、病気にかかりやすい状態とされています。

チベット医学の診断法は、「望(見ること)」「聞(聞くこと)」「切(脈を取ること)」「尿診察(小便を見て判断すること)」という方法が取らています。
そして、治療法は主に食事療法、日常生活療法、薬物療法、手術、薬草風呂を含む外部治療法などがあります。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.