シュタイナー教育

シュタイナー教育とは

TOPスピリチュアル用語シュタイナー教育

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 シュタイナー教育

シュタイナー教育とは、「子どもが、自分で自分をしっかりとらえ、一番深い内部の欲求から、自覚的に行動すること」、これを「自由」とし、その「自由への教育」を行う教育のことをいいます。

オーストリア生まれのルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が自由学校で実践した教育論です。

シュタイナーは、人間には4つの気質(多血質・粘液質・憂鬱質・胆汁質)があると説いています。
シュタイナー教育では、その気質を生かすことができるよう導いてあげる。
もちろん、一人が一つの気質であることは少なく、混在しています。
その一つが極端に働いて苦しむことがないよう、調和させることがまわりの大人の役割。

また、シュタイナーは人間は7年ごとの大きな段階をへて、成長するとも唱えています。

第一期(誕生から7歳)〈意志のもと〉の形成
身体器官の健全な発育と、感覚器官をとおして環境の模倣の時代
周囲の大人は「模倣」の対象

第二期(7歳から14歳)〈感情のもと〉の形成
知的なものでも芸術体験によって世界を美的に感じ取る時代
周囲の大人は「権威・信頼・畏敬」の存在

そして、第三期、第四期と続いていきます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.