春の七草

春の七草とは

TOP野草の魔法春の七草

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 春の七草

春の七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロのことです。

春の七草は、それぞれの薬効成分がすばらしく、ビタミンやミネラルをふんだんに含んでいます。
「春の七草がゆ」は、お正月明けのおせち料理で疲れた胃腸にやさしく、日本人の知恵が生んだすばらしき行事です。

○せり、セリ(セリ科)
水田、沼、小川、など水のあるところや湿地に生えています。

○なずな、ナズナ(アブラナ科)
畑や道端、土手、荒れ地など日当たりの良いところに生えています。

○ごぎょう、ハハコグサ(キク科)
道端や荒れ地、田畑のあぜなど、日当たりの良いところに群集して生えています。

○はこべら、ハコベ(ナデシコ科)
春から夏にかけて野に群集して生え、早春の頃、先に小さな白色の花をつけます。

○ほとけのざ、コオニタビラコ(キク科)
冬、水田などの土にへばりつくように葉を広げて生えています。

○すずな、カブ(アブラナ科)

○すずしろ、ダイコン(アブラナ科)

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.