ワラビ

ワラビとは

TOP野草の魔法ワラビ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ワラビ

ワラビとは、ウラボシ科の緑性のシダです。
冬には葉は枯れてしまい、根茎は長く太く、地中を這い芽を出します。
芽吹きの頃は、伸びるに連れて緑色になり、辺りの緑と同化するように隠れてしまいます。
アミノ酸アスパラギン、グルタミン酸、フラボノイドのアストラガリンを含有しています。

○採取
山の斜面、日当たり良い山道、草ヤブなど、見つけにくいため、枯れた葉を見つけるとわかりやすいです。
茎の根際から簡単に折れるあたりで折り採ります。

○食べ方
アクが強いので、重曹でよくゆでて、そのまま冷まし、水にさらします。
または、天日で乾したり、塩漬けにして保存します。
戻すときは、湯に浸したり水につけたりします。
おひたし、椀種、天婦羅、ゴマあえ、豆腐合え、煮物。

○薬効
利尿、消炎に・・・
乾燥した地上部と地下茎を刻んだもの1日量10〜15グラムを水600ccで3分の1まで煎じて食間に3回に分けて飲みます。

切り傷、虫刺されに・・・
葉柄(ようへい)を、摺り潰した汁を患部に塗布します。

※ワラビには、強いアクに発がん性物質やビタミンB1を破壊する酵素が含まれているので、アク抜きを十分します。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.