ツワブキ

ツワブキとは

TOP野草の魔法ツワブキ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ツワブキ

ツワブキとは、キク科の耐寒性多年草植物です。
ツワブキの、根茎は太く、斜めに這い、長い柄のある葉を数本、束にして出しています。
葉はフキ(蕗)の葉に似ていて、葉の上面には艶があり、秋〜冬にかけて長い茎に野性的な黄色いキク(菊)に似た花を咲かせます。

○採取
本州、四国、九州の海辺に近い岩場、林の下などの湿潤地に自生。
ツワブキの根茎を10月頃に採取して、刻んで日干しにします。

○食べ方
茎がまだ柔らかいときに、1晩灰汁(あく)に浸して皮をむき、それを湯がいて食べます。
炒め物、和え物、煮びたし、佃煮に。

○薬効
打撲、できもの、切り傷、湿疹の外用に・・・
葉を火にあぶって柔らかくし、細かく刻んで患部に当てます。
また、葉を青汁が出る程よくもんで直接つけます。
ツワブキの葉の青汁には、ヘキセナールという成分が含まれていて、ヘキセナールには強い抗菌作用があります。

健胃、食あたり、下痢に・・・
ツワブキの乾燥した根茎、乾燥した根茎10〜20グラムを、0.5リットルの水で3分の1量まで煎じ、食間に3回に分けて飲みます。

魚の中毒などに・・・
乾燥根茎10〜20グラムを、0.4リットルで煎じるか、葉の青汁を直接飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.