スギナ

スギナとは

TOP野草の魔法スギナ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 スギナ

スギナとは、トクサ科の多年草植物で、ツクシは早春に芽を出すスギナ(草丈10〜25センチ)の胞子茎です。
茎は柔らかな円柱状で退化した葉(はかま)が節に付いています。
繁殖のために緑色の胞子を散らしたあとにはすぐに枯れてしまいます。

○採取
農薬などに汚染されていない、一番元気に伸びている時期の5〜7月に、全草を採取して水洗いして天日で乾燥します。

○食べ方
乾燥したスギナをフライパンで軽く炒ってからミキサーにかけて粉末にします。
いつでもそのまま飲用できので常備することをオススメします。

○薬効
腎臓炎、肺結核、肋膜炎、去淡、膀胱炎、利尿などに・・・
乾燥したスギナを1日量10グラムに水0.5リットルで、約半量まで煎じて3回に分けて飲みます。

漆(うるし)かぶれに・・・
生の全草をすり潰して、その生汁を、かぶれた患部に塗布します。

あせもや化粧品かぶれなどの皮膚炎に・・・
乾燥したスギナを10グラム程度に水0.6リットルを、強火で約5分煮出して、人肌程度に冷まして皮膚に塗布します。

湿疹、かゆみなどの皮膚病に・・・
生のスギナか乾燥したスギナを、適量を煮出してからお風呂に入れて入浴します。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.