シソ(紫蘇)

シソ(紫蘇)とは

TOP野草の魔法シソ(紫蘇)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 シソ(紫蘇)

シソとは、シソ科の1年草植物で、草丈は60センチくらいになり、茎は四角で葉は広卵形で縁にギザギザがあります。
植物全体にさわやかなよい香りがあり、茎葉とともに紫色で甘香があり、9月ころに枝端に淡紫色の花を穂状にたくさん咲かせます。

○採取
原産は中国ですが、今では日本全国の畑で栽培されています。
シソの葉は6〜7月の開花前に採り始めて、半日程度日干しにした後に、風通しのよい場所で陰干しにします。

○食べ方
ビタミンやミネラルを豊富に含み、生でも食べられます。

青紫蘇は、シソ酒や薬味として、また乾燥させ粉末にし塩を加えたふりかけも美味です。
赤紫蘇は、梅干の色つけに、シソジュースに、葉に含まれるアントシアン色素が美しい色を出してくれます。

○薬効
咳止めに・・・
生の葉をすりつぶしてその汁を飲みます。

魚やかになどの食虫中毒に・・・
葉を煎じて飲みます。または、生の葉を食します。

切り傷、たむしに・・・
生の葉をもんでその汁を患部につけます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.