クコ

クコとは

TOP野草の魔法クコ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 クコ

クコとは、ナス科の落葉低木で、中国や日本では不老長寿の薬草されています。
9月ころにはなすのような小さな薄紫の花を咲かせ、赤い小さな実をならせます。
実は7月から10月下旬くらいまで採取できます。

○採取
川原で良く見かけます。春から秋、柔らかい葉を選びますが、刺があるので注意が必要です。

○食べ方
葉は、湯通ししても、生でも食べられます。
若葉の汁の具、天ぷら、ごま和え、バター炒めなどに。
クコ茶は葉を天日で乾燥し、沸騰した湯に入れて飲みます。

○薬効
強壮、強精に・・・
若葉を生食したり、クコの実を煎じて飲みます。

冷え性、不感症に・・・
生葉または、さっとゆがいた葉を毎日食します。
または、根皮を煎じて飲むこともよいです。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.