カラスノエンドウ

カラスノエンドウとは

TOP野草の魔法カラスノエンドウ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 カラスノエンドウ

カラスノエンドウとは、マメ科で、紅紫色の花を咲かせ、一番先端の葉が巻きひげとなってからみつき、実を付けると小型のキヌサヤ風、3〜4cmのサヤ状の実がなります。
そのサヤが時間が経つと黒くなるのでカラスノエンドウといわれています。
中国名「救荒野豌豆」飢饉の時に食べるといわれ、栄養も豊富です。

○採取
春の道端や、土手から手で先を摘み取ります。

○食べ方
若葉、若さや、つる先を摘み取り、茹でたり、油で調理します。
味噌汁、ゴマ合え、若芽のバタ−炒め、天婦羅などに

○薬効
風邪のひき始め、発汗、解熱、頭痛、二日酔いに・・・
根を夏から秋にかけて掘り、きざんで乾燥させます。
その乾燥葉30gを水500ccで煎じて飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.