カタバミ

カタバミとは

TOP野草の魔法カタバミ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 カタバミ

カタバミとは、カタバミ科の多年草の植物。
5月から10月に、黄色い5弁の花をつけ、種子は熟すとサヤは自然に裂けて1mもはじきだし、遊びに楽しいものです。
カタバミの葉は、睡眠運動を行い、暗くなると閉じます
葉の一部がかじられたように欠けているので「傍食 かたばみ」と言われるようになりました。

○採取
日当たりの好い野原、畑地、庭先に1年中あります。

○食べ方
葉は4月から10月に、花は5月から9月頃に生で食べられる。
花は酢のもの、椀種、葉は天つゆの薬味、サラダ
※カタバミはシュウ酸を多く含んでいます。酸味も強いので多食は控えた方がいいです。

○薬効
かゆみ止めに・・・
葉をつみとり、水洗いをしてから布などで包み、すりこぎなどを使いつぶし出た生汁を患部に塗ります。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.