カキドオシ

カキドオシとは

TOP野草の魔法カキドオシ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 カキドオシ

カキドオシとは、シソ科の多年草植物。
草丈は約20センチになり、5月ころに愛らしい唇のような形の花を咲かせます。
つるが垣根をつき通してどんどん伸びることから、「垣通し」と呼ばれ、あちこちによく見ることができます。
子供の、かんを取り除く薬というので、疳取草(かんとりそう)の名もあります。

○採取
全草を4〜5月の花の咲いている時期に刈り取り、水洗いして陰干しにします。
これを漢方では、連銭草(れんせんそう)といいます。

○食べ方

若芽を摘み取り、塩を入れた熱湯でさっとゆでて食べます。
ごまあえ、しょうゆ和え、からしあえ、天麩羅かきあげなどに。

○薬効
利尿、消炎薬として黄疸、胆道結石、腎臓結石、膀胱結石、糖尿病治療、虚弱体質、強壮、神経症などに

1日量として10〜15グラムを煎じて、3回に分けて飲みます。
酒に漬けたり、新鮮な葉の青汁を飲むのもよいです。

小児の疳(かん)、虚弱体質に・・・
1日量5グラムを煎じて、3回に分けて食間に飲みます。

たむし、水虫に・・・
生葉の絞り汁を湿布または塗布します。

強壮、かぜ、泌尿器の病気などに・・・
お茶と同じように、熱湯を入れて数分してから飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.