オケラ

オケラとは

TOP野草の魔法オケラ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 オケラ

オケラとは、キク科の多年草植物。
地下茎は長さ5から8センチ、直径1.5から3センチ、多数の丈夫な根があり、茎の高さ30センチから1メートル、花弁の外がかたくギザギザしていて、秋にはアザミのような花がさきます。
漢方では、「蒼朮」「白朮」として有名で、薬用のほか、昔からかびを防いだり、蚊よけに使われています。

○採取
茎があまり高くならない4,5月頃、先のほう10cmくらいをつまみとります。

○食べ方
サッとゆでてから、2〜3時間水にさらして調理します。
あえもの、ゴマよごし、おひたし、味噌汁の具などに

○薬効
腹満、冷えて腸が悪く腹痛、胃弱な下痢、腎臓疾患、利尿、下痢、解熱、発汗、せきなどに
1日量10gを水400mlに入れ、約半量になるまで、とろ火で煎じます。
1日3回に分けて食間に飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.