オオバコ

オオバコとは

TOP野草の魔法オオバコ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 オオバコ

オオバコとは、オオバコ科で、どこにでもみられる野草です。
葉が大きいので 大葉と呼ばれ、根が強く、秋になると実がなり、踏まれても踏まれても生えてくるとても生命力が強い草です。

○採取
春から初冬にかけて道端、畔道、野原どこにでもあります。

○食べ方
アクが少ないので、やわらかい葉を選んで、1年中食べられます。
天婦羅、油炒め、ゴマ合え、サラダ、味噌汁、鍋物などに。

○薬効
せきに・・・
種を粉にして2gを飲みます。

心臓病に・・・
生葉の青汁を杯に2杯ずつ朝夕の見ます。

痔に・・・
全草15gを煎じてのみ、煎じた汁で患部を温湿布します。

声がれに・・・
生葉の青汁を水で薄め、何度もうがいをします。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.