イタドリ

イタドリとは

TOP野草の魔法イタドリ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 イタドリ

イタドリとは、タデ科で、春先は竹の子のようで茎を割ると中が空洞、夏には葉のつけ根に白い細かなガクを付ける1〜2m位の多年草のことです。

○採取
春の道端や、野山の傾斜地に群集しています。

○食べ方
若芽や皮をむいた茎を、水に2〜3日さらしてアクを抜き、塩ずけにします。
納豆合え、葉の天婦羅、油炒めなどに。

○薬効
利尿、産後のむくみ、便秘、せき、夜尿には・・・
晩秋の根を、洗って天日で乾燥させます。
乾燥したものを10gほど、400ccの水で半分なるまで煎じて、1日3回飲みます。
切り傷には・・・
若葉をもんで患部につけます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.