ブクリョウ(マツホド)

ブクリョウ(マツホド)とは

TOP漢方・薬草・薬膳ブクリョウ(マツホド)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ブクリョウ(マツホド)

ブクリョウとは、マツホドという菌核の外層を取り去り輪切りにしたもので生薬として使われます。
生薬では茯苓(ブクリュウ)と書きます。

マツホドとは、松塊も書き、アカマツ、クロマツなどのマツ属植物の根に寄生し、伐採後5〜6年を経た根のまわりに発生する不定形塊状のサルノコシカケ科の菌核を乾燥させたもの。

◆ブクリョウの効果・効能
利尿、鎮静薬、浮腫、めまい、心悸亢進、口渇、胃内停水、筋肉ケイレン

◆ブクリョウの利用方法・用途
漢方薬として
五苓散(ごれいさん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などに配合されています。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.