ヒャクゴウ(ユリネ、百合根、ゆりね)

ヒャクゴウ(ユリネ、百合根、ゆりね)とは

TOP漢方・薬草・薬膳ヒャクゴウ(ユリネ、百合根、ゆりね)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ヒャクゴウ(ユリネ、百合根、ゆりね)

ヒャクゴウとは、ヤマユリ・オニユリなどのユリ科ユリ属の植物の地中にある、白・淡黄または紫色の鱗茎のことで生薬として使われます。
生薬では、百合(ひゃくごう)と書きます。

百合の根には、豊富なビタミンB、タンパク質、カルシウム含まれており、お芋のようなふわふわした食感で、京料理や薬膳料理にも良く使われます。

◆ヒャクゴウの効果・効能
咳止め、精神安定、鎮静効果、不眠症、精神疲労、粘膜保護、たん切り

◆ヒャクゴウの利用方法・用途
京料理や薬膳料理の材料として使われます。
茶碗蒸し・玉子焼きなどの具材として、和菓子に

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.