タイソウ(ナツメ)

タイソウ(ナツメ)とは

TOP漢方・薬草・薬膳タイソウ(ナツメ)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 タイソウ(ナツメ)

タイソウとは、ナツメの果実を日干しにして乾燥してから蒸して、また日干しにしたもので生薬として使われます。
生薬では大棗(たいそう)と書きます。

ナツメとは、ヨーロッパ東南部原産でクロウメモドキ科の落葉小高木。
初夏に淡い緑色の花をさかせ、果実は紅色をしています。

◆タイソウの効果・効能
鎮静、強壮、補血、滋養、小便不利、不眠症

◆タイソウの利用方法・用途
漢方薬として
緊張による過敏症や咳などの緩和を目的として、葛根湯(かっこんとう)などに配合されています。

食用として
暗紅色に熟した果実を生で食べたり、甘味を加えて煮て食します。

果実酒として

◆分布場所
日本全国で栽培。
南ヨーロッパ、アジア西南部原産

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.