ガジュツ(紫ウコン)

ガジュツ(紫ウコン)とは

TOP漢方・薬草・薬膳ガジュツ(紫ウコン)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ガジュツ(紫ウコン)

ガジュツとは、インド原産で各暖地に栽培されるショウガ科の多年草で生薬として使われます。
高さ1mほどの楕円状の大きな葉で、夏に穂状で淡黄色の花をつけます。
晩秋に根茎を採取して、湯通しして陰干にして乾燥させたものを生薬で、莪朮(がじゅつ)といいます。

◆ガジュツ(紫ウコン)の効果・効能
芳香性健胃、消化不良、胃のもたれ

◆ガジュツの利用方法・用途(薬用部分は根茎)
漢方薬として・・・健胃薬に配合
民間療法として・・・
莪朮(がじゅつ)を、胃のもたれ、消化不良、駆風(くふう・胃腸のガスを排出)などに、1日量6〜10グラムを適量の水で煎じて飲みます。
入浴剤に・・・
葉を刻んで陰干しにして、腰痛、肩こり、疲労回復などのときに

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.