ガイヨウ(ヨモギ)

ガイヨウ(ヨモギ)とは

TOP漢方・薬草・薬膳ガイヨウ(ヨモギ)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ガイヨウ(ヨモギ)

ガイヨウとは、ヨモギの茎葉のことで生薬として使われます。
ヨモギの花のつかない6〜7月頃によく成長した茎葉を採り、日陰でよく乾燥したもの。
生薬では、艾葉(がいよう)と書きます。

ヨモギとは、別名「モチグサ(餅草)」とも言われ、キク科の多年草で、秋に花を咲かせます。

◆ガイヨウの効果・効能
胃酸過多、胃弱、胃下垂、便秘、下痢、鼻血、 食欲不振、腹痛、ぜんそく、血尿、神経痛、腰痛

◆ガイヨウの利用方法・用途
ヨモギ酒

ヨモギ風呂・・・
腰痛に効きます。艾葉2〜300グラムか生の葉600〜1000グラムを、木綿袋に入れて煮出し、入用剤にします。

塗布に・・・
切り傷、虫さされ、かゆむ止めに生の葉を絞りを塗布します。

食用に・・・
生の若葉をゆでて水にさらしてアク抜きをして、ゴマあえ、天麩羅、油いため、団子、もちに

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.