カンゾウ(甘草)

カンゾウ(甘草)とは

TOP漢方・薬草・薬膳カンゾウ(甘草)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 カンゾウ(甘草)

甘草とは、中国東北部に自生する草丈100センチほどのマメ科の多年草で、根や走出茎が生薬として使われます。

◆カンゾウの効果・効能
去たん、のどの炎症、排膿、胃・十二指腸潰瘍、下痢、食欲不振、腹痛、せき・たんの緩和

◆カンゾウの利用方法・用途(薬用部分は根や走出茎)
漢方薬として・・・
葛根湯(かっこんとう)、桂枝湯(けいしとう)、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)に配合
甘味として・・・
砂糖の約50倍の甘さがあり、薬用として、甘味料として使われています。

◆カンゾウの分布場所
中国からヨーロッパ南部
日本でもわずかに栽培。
中国東北部、内蒙古に自生する多年草ウラルカンゾウ

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.