黒炒り玄米スープ

黒炒り玄米スープとは

TOP手当て法黒炒り玄米スープ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 黒炒り玄米スープ

黒妙り玄米スープとは、食養手当て法(民間療法)として、解熱作用、食欲がなく微熱の続くとき、膠原病、アレルギー体質、腫瘍などに効果のあるレシピです。

○材料

玄米:1合
塩:少々
水:1升

○つくり方&飲み方

玄米は洗わずにそのままフライパンや鍋に入れ、中火よりやや弱い火で炒ります。
炒っていて煙が出てきた場合は、泡が吹いたようになり玄米が鍋に焦げついてしまうので、煙を出さないように注意する。
1時間ほど気長に炒り、玄米の中心部まで火を通します。
玄米に爪を立ててみて、2つに割れて、割れ口が濃い焦げ茶色になっていたら炒りあがりです。
分量の水を加え塩を極少々加えます。
じっくりと煮詰めて、水の量が3分の2ほどになったら火を止めます。

上澄みをとり飲用します。

1日、黒炒り玄米スープ1合くらい飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.