足湯

足湯とは

TOP手当て法足湯

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 足湯

足湯とは、足のくるぶしより少し上までお湯に浸けて体を暖め、全身の血行を良くし、体内の老廃物代謝を高める手当て法のことです。

体が弱っている時、風邪をひいて入浴をする体力がないときなど、足湯は体力を消耗しないで出来る最適の入浴法です。
また、朝に行う場合には、その日一日の元気が充電されます。

足湯を行う事によって、自律神経も安定しリラックス効果が得られます。
また、発汗作用により体内の不純物も排泄されます。

○方法

38度くらいのお湯を張ったバケツなどに、足をつけます。
お湯が冷めないように、ビニルで覆ったり、ふたを半分しめたりすると良いです。

足し湯を用意しておき、徐々にお湯の温度を高くしていき、最終的には我慢できる程度の熱さにします。
(はじめから高いと、からだに温熱が浸透しにくくなるからです)

15分から20分程度温まったら、足をよーくタオル等でふき、冷やさないようにします。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.