第一大根湯(だいこんとう)

第一大根湯(だいこんとう)とは

TOP手当て法第一大根湯(だいこんとう)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 第一大根湯(だいこんとう)

第1大根湯とは、食養手当て法(民間療法)として、かぜによる高熱(38度以上)や熱が出る前の寒気のとき、発汗、動物性たんぱく質過多による以下の症状(腰痛・右肩の肩こり・ジンマシン・アトピーのかゆみ・鼻炎)ニコチンの解毒などに効果のあるレシピです。

肉や魚の毒素を吸着し、余分なものを分解する大根、抗炎作用のあるしょうが、血行をうながす醤油が相乗効果を発揮します。

○材料
大根おろし(大根の下の部分):大さじ山もり3杯
根生姜おろし:大根おろしの1割
醤油:大さじ1〜1.5杯
三年番茶:2カップ

○つくり方&飲み方

どんぶりに大根おろしと、大根の一割の根生姜おろしと醤油を入れます。
三年番茶を沸かし、その中に注ぎます。
これを一度に飲み、頭からふとんをかぶり、汗が充分に出てしまうまで、そのまま我慢です。
汗が出ないときはもう一度大根湯を飲み、同じことを繰り返します(でも2回まで)。

寒気のときも一度に飲んで布団をかぶると、体にこもっていた熱が発散します。

急に高い熱が出たときには1回400cc、
それ以外の症状や解毒には1日1回200ccを飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.