焼き塩

焼き塩とは

TOP手当て法焼き塩

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 焼き塩

焼き塩とは、手当て法として、痛み諸々、ぎっくり腰、生理のスムーズな経過、パソコンのしすぎの目の疲れに効果のある民間療法です。

陽性の塩をやくことで、さらに陽性を高めて、患部にナトリウムのエネルギーを浸透させることで、陰性の痛みを取り除きます。

○つくり方&手当て法

自然塩500gを15分〜20分ほど、薄いきつね色になるくらいまでよく炒ります。
新聞紙や広告紙で、出来上がった焼き塩を包みます。(テープ等でとめて)

かなりの高温になるため、痛む部分(婦人疾患や目の疲れには腰)に広告紙を重ねておき、その上に包んだ焼き塩を起きます。
冷めてきたら、徐々に広告紙を薄くしていきます。
冷めたら終わります。
使用した焼き塩は何度も繰り返し使えます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.