焼きみかん(焼きミカン)

焼きみかん(焼きミカン)とは

TOP手当て法焼きみかん(焼きミカン)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 焼きみかん(焼きミカン)

焼きみかんとは、食養手当て法(民間療法)として、かぜのひきはじめやせき止めなどに効果のあるレシピです。

みかんのすっぱさは、ふんだんに含まれるビタミンCとクエン酸です。
酸は脂肪分やたんぱく質を分解してくれます。

また、クエン酸は疲労物質である乳酸を分解してくれ、血液をきれいに保つため、風邪の予防となります。

○つくり方&飲み方(黒焼きにすることで、陽性を強めます)

その1.オーブントースターなどで丸ごとみかんを焼いて食べます。

その2.火の中に入れて黒焼きにしたものを熱湯にひたし、その知るを飲みます。

参考図書:「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」大森一慧著 ソレイユ出版

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.