柿のへたの煎じ汁

柿のへたの煎じ汁とは

TOP手当て法柿のへたの煎じ汁

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 柿のへたの煎じ汁

柿のへたの煎じ汁とは、食養手当て法(民間療法)として、心臓からきている手足のむくみやしゃっくりに効果のあるレシピです。

柿のへたには、タンニンがあり、静脈血の流れを促す(冷え性解消)筋肉収縮の作用があります。
また、陽性パワーもあり、血液循環を活発にしてくれます。

○材料
熟した柿かまたは干し柿のへた:5〜10個
水:3〜4カップ

○つくり方&飲み方
鍋に水と柿のへたを入れ、火にかけます。
水の量が2カップになるまで煮詰まったら出来上がり
1回に150CC程度を1日、2,3回飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.