塩番茶

塩番茶とは

TOP手当て法塩番茶

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 塩番茶

塩番茶とは、食養手当て法として、疲れ目や目の充血(花粉症などにも)、ドライアイ、アレルギー性鼻炎、風邪のうがいに効果のある民間療法です。

○つくり方&手当て法

器に、熱い番茶200ccくらいと1%の自然塩をよく溶かし、さっとわかします。

<目のトラブルに>
熱めの塩番茶にガーゼを浸し、冷めるまで目に当て蒸します。
冷めたらまぶたを開けて洗います。
または、ぬるめの塩番茶で直接目を洗います。

<アレルギー性鼻炎に>
洗面器にぬるめに温めた塩番茶を用意します。
鼻から、その塩番茶を吸い込み、口から出します。
このように鼻の中を洗うことで、鼻炎のただれを引き締めます。

<風邪の時に>

塩番茶でうがいをします。
殺菌効果と同時に喉の痛みを緩和する働きがあります。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.