とうもろこしの毛の煎じ汁

とうもろこしの毛の煎じ汁とは

TOP手当て法とうもろこしの毛の煎じ汁

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 とうもろこしの毛の煎じ汁

とうもろこしのひげの煎じ汁とは、食養手当て法(民間療法)として、膀胱炎や腎臓からくるむくみや利尿に効果のあるレシピです。

とうもろこしの実と皮の間にあるひげを干したものは、
南蛮毛(なんばんもう・なんばんげ)とよばれ、中国では『玉米鬚』英語で『コーン・シルク』などの名称で呼ばれていて、
利尿作用があり、日本でも古くからお茶として飲まれていました。

○つくり方&飲み方

とうもろこしのひげの部分をむしり取って集め、数日間(乾燥するまで)陰干しします。
  ※乾燥したものは保存可能です。

8g〜10g程度の乾燥させたとうもろこしのひげを600mlの水に入れ弱火で水の量が半分程になるまで煎じます。
水の量が半分程になったらすぐにガーゼで絞ってひげを除き1日数回に分けて飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.