しょうが湿布(しょうがパスター)

しょうが湿布(しょうがパスター)とは

TOP手当て法しょうが湿布(しょうがパスター)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 しょうが湿布(しょうがパスター)

しょうが湿布とは、食養手当て法として、腰痛・肩こり・リュウマチ・腫瘍・胃潰瘍・肺炎・膀胱炎・神経痛・婦人病・ガンなど、あらゆる炎症痛みに効果のある民間療法です。

汚れて粘りのある血液は流れが悪くなり、身体のあちこちに滞り、神経を圧迫し、これが痛みとなります。
このような痛みには、しょうがの持つ薬効と、70℃という高温を利用した温熱療法で血液の流れを正常にします。

リンパの流れも同時に改善されますので免疫力も活性化します。

○材料

しょうが150g
水2〜4リットル
他、おろし金・木綿の袋・深鍋・温度計・ゴム手袋・タオル数枚

※しょうがと水の量は、湿布する範囲によってはもっと多くします。

○つくり方&手当て法

深鍋に水を入れて75℃から80℃に沸かし、
皮付きのまますりおろしたしょうが入りの袋をつけながらしょうが汁を搾り出します。

そこにタオルを浸してよくしぼり、我慢できる程度の熱さにしてから、患部に当てて湿布します。
湿布がぬるく感じたら他のタオルを同様に絞って取り替え、15分から20分続けます。

※しょうが湯は温度が下がらない程度にとろ火にかけておきますが、
80℃以上になるとしょうがの酵素が死んでしまうので注意します。

参考図書:「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」大森一慧著 ソレイユ出版

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.