こんにゃく湿布(こんにゃく温湿布)

こんにゃく湿布(こんにゃく温湿布)とは

TOP手当て法こんにゃく湿布(こんにゃく温湿布)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 こんにゃく湿布(こんにゃく温湿布)

こんにゃく湿布とは、食養手当て法(民間療法)として、内臓やお腹、腰回りの痛みに効果のあるものです。

からだに元気がなくなったなぁ、というときには、とくに肝臓、腎臓2箇所に置くととっても効果があります。

熱という陽性を吸収しやすい、こんにゃくの陰性を利用した手当て法です。
肌を乾燥させずに温められますので、ホッカイロなどとは違い、湿った奥までの温めができます。

○材料
こんにゃく

多めの塩
タオル数枚(または薄手のバスタオル

○手当ての仕方
1.こんにゃく、水、多めの塩を鍋に入れて火にかけます。
2.沸騰したら20分ぐらい茹で続けてこんにゃくに熱を入れます。
3.タオルに包み、痛む患部に当てます。

※やけどをしないように包むタオルの枚数で温度を調整し、冷めてきたらタオルを薄くしていきます。

※30〜40分は心地よいあたたかさが続きます。

※こんにゃくは使い終わったら水をはったタッパーに入れ保存すると、3回くらいは使えます。
 (ただし数日のうちに!)

※使用したこんにゃくには毒素が吸着される場合もありますので、食べないでくださいね

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.