くず入り生姜湯(くず入りしょうが湯)

くず入り生姜湯(くず入りしょうが湯)とは

TOP手当て法くず入り生姜湯(くず入りしょうが湯)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 くず入り生姜湯(くず入りしょうが湯)

くず入り生姜湯とは、食養手当て法(民間療法)として、保温や保水、おなかの調子が悪いときに効果のあるレシピです。

くずは、マメ科の野草ですが、その根からでんぷんを取り出して乾かしたものが、「くず粉」として、市販されています。

腸の壁に入り、からだによい程度な水分を調整してくれます。

女性ホルモンのように働く作用もありますので、しょうがのあたため作用と組み合わせることで、更年期障害や生理不順や生理痛など、女性系の疾患の人は、すすんで摂ると良いです。

○材料
本くず粉 大さじ1
水 1カップ
しょうが ひとかけ

○つくり方&飲み方

水とくず粉を鍋に入れてよく溶いて、塩を加えてから強火にかけてよく混ぜます。
くずのとろみがついて、色が透明になったら、くず湯の出来上がり。
そのあと、飲める程度にさめてから、しょうがをすりおろして絞り汁を入れます。
(しょうがの酵素がこわれないので)温かいうちに飲みます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.