きんかんの咳止め

きんかんの咳止めとは

TOP手当て法きんかんの咳止め

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 きんかんの咳止め

きんかんの咳止めとは、食養手当て法(民間療法)として、せきやたんに効果のあるレシピです。

軽い咳の場合には実、百日咳などの激しい咳にはきんかんの葉を利用します。

実○つくり方&飲み方

きんかんの実をきれいに洗って、ほうろうなべや土鍋にいれ、ひたひたより少し多めの水を入れます。
3時間ほどとろ火で煮込んで出来上がり。

ビンに保存して、1日に1〜2粒を食べます。

葉○つくり方&飲み方

玄米ひとつかみをきつね色に炒ってなべに入れます。
700cc強の水ときんかんの葉数枚を加えます。
水の量が半分になるまで煮詰めます。
その上澄みを100ccくらい、1日に2,3回飲みます。

参考図書:「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」
大森一慧著 ソレイユ出版

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.