アーユルヴェーダ(アーユルベーダ)

アーユルヴェーダ(アーユルベーダ)とは

TOPアーユルヴェーダアーユルヴェーダ(アーユルベーダ)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 アーユルヴェーダ(アーユルベーダ)

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語で、生命の科学”と言う意味です。
アーユスAyur(生命)とヴェーダ(知識・科学)Vedaの複合語で、「生命に関する完全な知識」をあらわします。

約5000年前からある世界で最も古いインドの伝統医学であり、予防医学です。
また、世界保健機構(WHO)が正式に奨励している代替医療の一つでもあります。
アーユルヴェーダでは宇宙の万物は5大元素(空・風・火・水・地)から構成されていて、3つの種類のエネルギー(ドーシャ)が作られています。

人間の身体も同じといわれ、その3つのドーシャはサンスクリット語で

ヴァータ風気質
ピッタ火気質
カパ水気質

と呼ばれています。

人間が健康状態にある時は、これらのヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャがバランスを保っています。

アーユルヴェーダでは、このドーシャのバランスを保つことで病気を治し、また病気を予防し、健康の保持増進をしていくことを提唱しています。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.