邪気(じゃき)

邪気(じゃき) とは

TOPレイキ(霊気)邪気(じゃき)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 邪気(じゃき)

邪気とは、言葉のとおり、邪悪なものの気という意味です。

ネガティブな感情を持っている人や疲れている人、病気の人などに、この気が多くあります。
このような邪気をもっている人や場所にいると、「邪気をもらってしまう」場合があります。

とくに、癒し・セラピー・治療・ヒーリング系のお仕事に従事している人は、その傾向が強いです。
ただ、レイキのセッション、他者ヒ−リングにおいては、邪気の影響をうけることはほとんどないと言われています。

マッサージやリフレクソロジー関係のお仕事の人で、クライアントさんから邪気をもらってしまい自分の体調が悪くなってしまっていた人も、レイキを身につけることにより、影響を受けなくなるケースは多くあります。

ただ、患者さんがガンなどの重い病気の場合など、例外の場合もありますので、充分な注意が必要です。

そのときには、自分にオーラをイメージし、その中には良いものしか入ってこない、というアファメーションを唱えます。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.