臼井甕男(うすいみかお)

臼井甕男(うすいみかお) とは

TOPレイキ(霊気)臼井甕男(うすいみかお)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 臼井甕男(うすいみかお)

うすいみかおとは、レイキを鞍馬山での断食修行ののち、感得され、研究し、体系だてられた人物です。

臼井先生略歴
1865年 岐阜県山県郡谷合村にて生まれる。
1922年 京都鞍馬山にて21日目の断食修行の深夜、レイキ療法を感得。
同年4月に東京、青山に学会を設立し、霊気療法をはじめる。
1926年 福山にて死去(62歳)

職業は、公務員、会社員、実業家、新聞記者、政治家秘書などさまざまものを経験されていました。

「人生の目的とは何か」という命題を探求し、禅の道に入り、真の悟りともいえる安心立命(あんじんりゅうめい)の境地を目指し修行をしましたが、悟りを得ることはできませんでした。

答えを求めるため、 京都の鞍馬寺にこもって断食を始めます。

断食に入り21日目の夜中、脳の中心部あたりに落雷をうけたような激烈な衝撃を感じ、求めていた悟りの境地を完成したとともに、レイキを感得しました。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.