マロウ

マロウ とは

TOPアロマテラピーマロウ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 マロウ

マロウとは、アオイ科のヨーロッパ南部、西アジア原産のハーブ。
薄紅色の5弁の花をつける斑入りマロウは、花壇を華やかにしてくれます。

◆マロウ 〜Mallow 〜
学名  Malva.sylvestris
分類  アオイ科ゼニアオイ(マルバ)属)
別名  ウスベニアオイ
種類  宿根草
草丈  60〜150cm
原産地  ヨーロツバ、アフリカ

◆マロウの栽培
耐寒性はあるので露地で越冬します。
春と秋に種をバラ播きし、日当たりのよい肥沃な土で育てます。

◆マロウの効果・効能
アレルギー、気管支炎、デトックス、整腸、鎮静作用、かぜ引きに

◆マロウを利用して 
葉は野菜として、おひたしやソテーに
ハーブティーにはフレッシュでもドライでもできます。
マロウティーは入れたてのときは奇麗な青い色をしていますが、時間が経つとピンク色に、さらに、レモンなどの酸を入れると濃いピンク色に変化し、とても美しいです。
ポプリにも

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.