マリーゴールド

マリーゴールド とは

TOPアロマテラピーマリーゴールド

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 マリーゴールド

マリーゴールドとは、キク科の1年草のハーブで、鮮やかなオレンジ色の花を一年中咲かせます。

◆マリーゴールド 〜Marigold〜
学名  Tagetes patula
分類  キク科マンジュギク属
別名  キンセンカ、トウキンセン
種類  一年草
草丈  30cm〜50cm
原産地  メキシコ

◆マリーゴールドの栽培
代表的な耐寒性の秋まき1年草で、日当たりのよい場所と水はけのよい土で育てます。
花を咲き続けさせるためには、こまめに花殻を摘み取ります。

◆マリーゴールドの効果・効能
生肌作用、殺虫の効果、アンチエイジング効果、
昔は解熱、頭痛、歯痛、悪寒の治療薬として使われていました。

◆マリーゴルドを利用して
花弁はシルクや羊毛の黄色系の染色に
地中の線虫の忌避成分を分泌するので大根畑などの生物農薬として
花びらはフレッシュのままスープやサラダの飾り付けに
ドライのものはサフランの代用としてご飯やお料理の色付けに
小袋にいれた花びらかエッセンシャルオイルを入浴剤として
するハーバル・バスもおすすめ。皮膚をイキイキと蘇らせる美容効果があります。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.