ホップ

ホップとは

TOPアロマテラピーホップ

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ホップ

ホップとは、ビールの苦味料として知られるクワ科の多年草ハーブ。
ホップの成熟した雌花を乾かしビールの風味付け、保存性を高めるなど醸造の際に利用することで有名です。

◆ホップ 〜Hop 〜
学 名 Humulus lupulus
分 類 クワ科・カラハナソウ属
別 名 セイヨウハラハナソウ
種 類 多年草
草 丈 6m
原産地 北半球の温帯

◆ホップの栽培
よく日のあたる場所から、明るい日陰で、水はけがよく湿り気のある土で育てます。
寒さに強くとても丈夫で、冷涼な気候を好みます。
支柱などでつるを誘導して、ほかの植物に絡まないように注意します。

◆ホップの効果・効能
健胃効果、静菌作用、催眠作用、食欲増進作用、消化促進作用、利尿作用

◆ホップを利用して
雄花は湯がいてサラダに
ハーブティーとして
ホップの花は湯船に浮かべて

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.