シソ(紫蘇)

シソ(紫蘇)とは

TOPアロマテラピーシソ(紫蘇)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 シソ(紫蘇)

シソとは、スーパーでもよくみかけ、日本人の暮らしにとけこんでいるハーブです。

赤シソと青シソがあって、赤シソは葉と茎が赤紫色で、梅干の色付けや紫蘇ジュースつくりにつかわれます。
青シソは独特の香りと風味、鮮やかな青色が日本料理に欠かせません。

◆シソシソ 〜Shiso 〜
学  名 Perilla frutescens
分  類 シソ科・シソ属
別  名 ビーフステーキプラント
種  類 一年草
草  丈 60〜100cm
原産地 中国・日本

◆シソの栽培
よく日のあたる場所から、明るい日陰となる場所でよく育ちます。
こぼれた種子でたくさん増えていき、繁殖力が旺盛で栽培も簡単です。

◆シソの効果・効能
葉には食欲増進、殺菌の効果
漢方では種子は紫蘇子といい、発汗(感冒)、利尿、鎮痛剤となります。

◆シソを利用して
梅干の色付けに、漬物や菓子の着色や着香料に

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.