サフラン

サフランとは

TOPアロマテラピーサフラン

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 サフラン

サフランとは、南ヨーロッパ原産のアヤメ科、多年草球根植物です。
薄紫色のかわいらしい花を咲かせます。
開花したての花からめしべを抜き取り、乾燥させてスパイスに利用されます。

◆サフラン 〜Saffron 〜
学  名 Crocus sativus
分  類 アヤメ科・クロッカス属
別  名 サフランクロッカス
種  類 多年草
草  丈 20cm
原産地 南ヨーロッパ

◆サフランの栽培
よく日のあたる場所で、水はけのよい土であれば、特に土質は選ばずに育ち、水耕栽培もできます。

◆サフランの効果・効能
薬用として、沈静、鎮系、通経、止血、芳香薬になっています。
婦人病にも効能があります。

◆サフランを利用して
○料理
南フランスのブイヤーベースは、サフランで色と風味をつけます。
○ハーブティー

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.