カモミール(カモマイル)

カモミール(カモマイル)とは

TOPアロマテラピーカモミール(カモマイル)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 カモミール(カモマイル)

カモミールとは、ヨーロッパ原産のキク科の多年草ハーブです。
日本名ではカミツレといいます。
風邪や不眠症などに効果があり、ドイツでは昔から「母なる薬草」と呼ばれていて、民間薬としても重宝されています。

◆カモミール 〜Chamomile〜
学名  Matricaria recutita・Chamaemelum nobil
分類  キク科カミツレ属
別名  カミツレ・カミルレ
種類  一年草(ジャーマンカモミール)・多年草(ローマンカモミール)
草丈  15cm〜50cm・10cm〜40cm
原産地  ヨーロッパ・西アジア・地中海沿岸
精油成分  アズレン、テルペンアルコール、ノニル酸、カプリン酸

◆カモミールの栽培
可憐な白い小菊のような花が咲き、鑑賞用としても人気のあるハーブです。
暑さと乾燥には弱いので注意すれば、寒さには強く育てやすく、風通しのよい場所が適しています。

◆カモミールの効果・効能
不眠、冷え性改善に、風邪のひきはじめに、発汗を促してくれます。

◆カモミールを利用して
ハーブティー・・・フルーティーな香りがします。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.