ベースオイル(キャリアオイル)

ベースオイル(キャリアオイル)とは

TOPアロマテラピーベースオイル(キャリアオイル)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 ベースオイル(キャリアオイル)

ベースオイルとは(キャリアオイルとは)、アロマテラピーで用いる精油を希釈し、肌に浸透させやすくする植物油のことを呼び、おもにマッサージオイルとして使われています。
エッセンシャルオイル(精油)は濃厚な液体ですので、原液のまま肌に使う事はトラブルの原因となります。そのため、植物油やアルコールなどで薄めて使用します。肌の奥深くにエッセンシャルオイルが浸透するのを助けることから、キャリアオイル(運ぶ)ともいわれています。購入する際は100%天然であることを確認して、新鮮なもの、出来るだけ低温圧搾されたものを選ぶのがよいです。

ベースオイルの種類(キャリアオイルの種類)

アプリコットカーネルオイル
アボカドオイル
アルニカオイル
オリーブオイル
カスターオイル(ひまし油)
カメリアオイル(椿油)
カレンデュラオイル
ククイナッツオイル
グレープシードオイル
ココナツオイル(ヤシ油)
小麦胚芽オイル(ウイートジャムオイル)
スイートアーモンドオイル
セサミオイル(ゴマ油)
セントジョーンズワートオイル
月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)
パームオイル
ピーナッツオイル(落花生油)
ヘーゼルナッツオイル
ホホバオイル
ボリジオイル
マカデミアナッツオイル
ローズヒップオイル

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.