カスターオイル(ひまし油・ヒマシ油)

カスターオイル(ひまし油・ヒマシ油)とは

TOPアロマテラピーカスターオイル(ひまし油・ヒマシ油)

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 カスターオイル(ひまし油・ヒマシ油)

カスターオイルとは、ヒマシ油とも呼ばれます。唐ゴマ(トウゴマ)から採油され、基礎化粧品やリップクリームの原料として使われています。
速効性下剤としては有名で、小腸を刺激して排便をうながしてくれます。
解毒・毒素排出(デトックス)作用があり、からだに塗ることで様々な身体全体不調改善に役立ってくれます。
ヒマシ油の温湿布は、民間療法では、肝臓の解毒ができるといわれ有名です。

学名:Ricinus communis
科名:トウダイグサ科
主産地:アメリカ
採油部位:種子
採油法:低温圧搾法
香り:わずかな独特の芳香

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.