アボガドオイル

アボガドオイルとは

TOPアロマテラピーアボガドオイル

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 アボガドオイル

アボガドオイルとは、アボカドから採油される緑色のオイルで、体内では合成されないビタミン・オレイン酸・レシチンなどを豊富に含み、角質への浸透力に優れ、皮膚を柔らかくする働きがあります。乾燥肌、老化肌のアンチエイジングに最適です。ただ、香りと粘り気が強いので、全体の5〜10%くらいの割合で他のベースオイルとブレンドすると使いやすくなります。
また、漂白したものが出回っていますが、アロマテラピー用には精製度の低い緑色のオイルを選ぶようにします。

学名:Laurus Persea
科名:クスノキ科
主産地:南アメリカ、スペイン、イスラエル
採油部位:果肉
採油法:低温圧搾法
香り:やや強い、コクのある香り

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.