圧搾法

圧搾法とは

TOPアロマテラピー圧搾法

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 圧搾法

圧搾法とは、オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、ライムなど柑橘系の精油はこの方法によって得られます。
果皮を手や機械でしぼって抽出します。現在では機械による圧搾が採用されていますが、良質の精油はやはり手搾りのものです。
圧搾法は加熱処理しないため、精油の劣化や変質が早く、開封後は6ヶ月を目安に使い切ることが大切です。
ようにするのがよい。
また、柑橘類のオイルには光感作物質が含まれているため、紫外線にあたると炎症を起こす場合があるので、使用後約8時間は直射日光にあたらないようにしてください。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.